成人病を気にしている人のサプリ|健康食品で栄養を補う

成人病を気にしている人のサプリ

成人病のためのサプリ

成人病というと、やはり40歳を境に注意すべき疾患ではないでしょうか。体の変化に合わせて食事や運動も考えなければなりませんが、なかなかその切り替えが上手にできない人も多いようです。そのため40歳を過ぎたらしっかり成人病を意識するべきであり、そんなお手伝いにいろいろな成分のサプリがあります。やはり血液ドロドロを改善する成分が、基本的に重要となるのではないでしょうか。

 

DHAとEPA

成人病予防というと、やはりすぐに頭に浮かぶのはこのDHAとEPAです。DHAはドコサヘキサエン酸の略ですが、マグロ、サンマ、カツオなどの青魚の特に頭部に多く含まれている成分ですが、血液をサラサラにすることから動脈硬化など成人病予防にも人気があります。

 

またEPAはエイコサベンタエン酸の略で必須脂肪酸の一つです。鯖アジ、イワシなどに多く、青魚摂取の減少と心疾患の増加に関係があるとも言われています。青魚の脂肪は血液をサラサラにしてくれるということを、多くの人が知っているのではないでしょうか。魚を摂取することの少ない人には特におすすめです。

 

ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼは納豆のねばねば部分にふくまれている酵素ですが、血管の中にできる血栓を排除して血液サラサラ効果があります。血栓を溶かし血流をスムーズにするため成人病、心筋梗塞、脳梗塞、動脈硬化などの予防としてサポートします。

 

サラシア

インドやスリランカに多く自生しているツル性植物の一つです。このサラシアから抽出した成分は血糖値の上昇を抑える働きがあり、痩身のためのサプリにも多く使われていますが、成人病を予防するためにもおすすめの成分です。

 

ラクトフェリン

ライオンが世界で初めてラクトフェリンが、内臓脂肪の低減に深く関わっていることを発見・発表しています。その臨床試験の結果は、中高年にはとても嬉しい数字が出ています。そのため中高年のぽっこりお腹に気になっている人は、ラクトフェリンを選ぶ人も多いようです。内臓脂肪は成人病のリスクがとても高くなる脂肪として、できるだけ低減することは重要だと言われています。

 

青汁成分

青汁もメーカーがたくさんなるので、成分はいろいろです。しかし青汁には緑黄野菜が豊富に含まれ、またケールや大麦若葉や桑の葉などが含まれ、ビタミンやミネラル、そして食物繊維の補給として人気があります。食事が乱れがちな人におすすめのサプリ成分です。

 

香醋、黒酢

どちらも醗酵、熟成したもので、脂肪を溶かす働きがあり、血液サラサラ効果が期待されている成分です。成人病を予防するためにも毎日の摂取はとても人気があります。美容や健康の両面から摂取している人も多いようです。