妊活、妊婦のサプリ|健康食品で栄養を補う

妊活中、妊娠中のサプリについて

妊活中や妊娠中の時期に、普段より意識的に摂りたい成分もあります。なかなか食事から摂りにくいものもあるのではないでしょうか。特に妊娠中はつわりもあるので、なかなか思ったように必要な成分を摂ることができません。
しかし妊娠中はどんな成分であっても、妊婦用あるいは妊婦でも飲めるという記載のあるサプリ以外は摂取しないようにしましょう。微量でも胎児に影響のある保存料や着色料などの添加や、成人なら問題のない成分でも避けたいものもあります。

 

葉酸

葉酸は厚生労働省によっても推奨されている栄養素で、卵子や精子の質の低下を抑制する働きがあります。そのため不妊、流産、胎児異常などを、減らすことができると言われています。健やかな胎児の妊娠のためにも、妊活中から男女ともに摂取するようにしたいものです。
また妊娠中も葉酸は是非摂取したい成分です。またつわりなどで葉酸が含まれている食品を、しっかり摂ることができない可能性も。そのためサプリでしっかり摂取することも、大切なのではないでしょうか。また、つわりの軽減にも葉酸は作用すると言われています。

 

カルシウム

カルシウムは胎児の骨や歯をつくるためにも重要な成分です。一日最低でも550mgは欲しいと言われています。胎児にいく栄養素が足らない場合、母胎の栄養素を削ってでも胎児に優先にいきます。特にカルシウムは摂取量が少ないと、女性の骨が溶けて胎児に流れていくため、母胎の骨がもろくなります。

 

鉄は赤血球をつくるために重要です。妊娠すると血液が赤ちゃんの成長には欠かせません。また妊娠中は大量に胎児に鉄分が必要となるので、母胎が貧血になることも。そのため、つわりなどで摂取しにくくても摂れるように、サプリのお手伝いも考えたいところです。

 

ビタミンB6、ビタミンB12

特にビタミンB6、12は造血のためにも大切な成分と言われています。そのためどのビタミンも重要ですが、特にこの二つのビタミンは摂取したいものです。

 

マルチビタミン

妊婦用のマルチビタミンがおすすめ。どうしても必要な成分は当然ありますが、妊娠中は全体的に栄養が不足したり偏ったりすることも。そのためにはマルチビタミンがおすすめです。ただし妊婦用の中でも天然由来100%のビタミンが安心と言えるのではなないでしょうか。